2005年04月30日

代29回・・4月29日・・聞いてみてみ

四月になって花見が出来る時期になると(もう関西では終わりましたが)
何時も思うんです、自然という奴は、昔から約束を守る義理堅〜い良い奴って、
咲いてくれともと頼んで居ないのに、必ずその時期に桜は咲きますし、
人間だったら、是非友達になりたい奴ですね。

自然達は変わらず良い奴なのに、変わって行くのは人間だけみたいな気がするんです、
最近は色んな意味で、ルール・マナーを守らない老若男女が増えてますよねー。

さてと話が変わりますが、清原君が500号ホームランを達成したようですが、
(一応おめでとう御座います)しかし達成する、それまでの彼の言動に少し、
悲しい寂しい、思いをしたんです。
清原君とは友達でも何でも無いんですが、彼がPL学園の3年生の時に僕らが学園祭の余興で漫才をしまして、実は此方からお願いして楽屋に桑田君と清原君に来てもらい、
握手してもらった事が有りました(どっちがスターや!!)

その次の年に、巨人と西武に二人は分かれて入団する訳ですが、その時の清原君の
巨人に入れない悔し涙?何か凄く可哀想だったのですが、
爽やかな思いをした事を覚えてます。

時が過ぎ、この前の巨人阪神戦終了後の彼の言葉が、どうしてもあの爽やかな涙を流した
彼からは変わってしまったのか、勿論いつまでも高校生では居られませんが、球界の番長
でベテランの(漫才師ではあの年齢は中堅か若手かも)言葉としては、寂しくて

ツーアウト満塁ツースリー、バッターボックス清原!阪神大量リードでホームランを食らっても、阪神は勝って居たでしょうが・・・・・・負けてたかもね。
その時にピッチャー藤川が投じたボールは変化球・・・空振り三振!!
次の日の新聞に、直球で無かった事に対して、
『ケツの穴が小さい!!』『○○付いとんのか!!』は、無いでしょ。

清原くんが好きで野球が好きな少年達も見てるんだし、ピアスも余り好きではないですが
球界を代表するスターが、今までそんな言葉を使ったでしょうか、自分の言動が
子供達に大きな影響を与えることを、自覚せないかんと思うんですがね。

確かにあの場面は、ストレート勝負かも分かりません、しかし藤川もプロ・仕事でやってる
んですから、矢野のサイン通りに投げるって、本人は後で『ストレートで勝負がしたかった』
って言ったようですが、ピッチャーは何を投げても良いんだし、
清原君もそれまでに打てるボールも有ったでしょうし、たくさんお金も貰ってるんだからね、
自分の三振を棚に上げるようなコメントは・・・・・

僕の希望コメントは、
『いやー参りました、あの場面で打てなかった僕が情けない!三振は最低でした!』
『何を投げられても打つのが、僕の仕事だったんですが・・・次は期待してください』
『藤川君が一枚上でしたね、矢野くんかな・・・・でも借りは返しますから!』
位の事をいって、無理かもしれませんが、爽やかな涙の一つも流していたら、
あの高校生の頃の爽やかな清原君が未だそこに有るって、思えたと思うんですが。  

四月に成ったら必ず咲く玄関の律義な奴(何の花?)

メッセージ 1.eml









posted by オール巨人 at 01:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。